ニードル脱毛とは

近年の脱毛といえば、エステサロンで行われるフラッシュ脱毛や美容クリニックで行われる医療レーザー脱毛が主流です。ですが少し前までは、ニードル脱毛という電気針を使った脱毛方法が盛んに行われていたんですよ。

ニードル脱毛は、皮膚の毛穴一つ一つに電気を通す針を差し込み電流を流し、ムダ毛毛根の毛乳頭や母毛細胞を腐食させて毛の再生をなくしていく脱毛方法です。この電気針は毛の向きや流れによって差し込み方を変えていき、ムダ毛は5ミリから5センチほど伸ばされた状態で施術を行っていきます。

このニードル脱毛は、電気でムダ毛の毛根の細胞を壊していくので、永久脱毛の施術になります。クリニックの医療レーザーは登場・発達する少し以前までは、このニードル脱毛しか永久脱毛の方法がなかったため、当時はみなさんこの脱毛方法で施術していたのです。

ニードル脱毛は電気針を差す時に「チクッ」と痛みがあることが特徴で、しかもムダ毛一本一本に針を差し込んでいきますから、とても痛みをともなうものであったのです。しかもニードル脱毛は施術時間がとにかく長いですから、毛量の多い方は特に時間もかかります。そして、長時間になればなるほど、必然的に料金も膨れ上がってしまいます。

ニードル脱毛の施術をするところは、近年ではあまりみかけなくなりましたが、現在でも細かい脱毛部分で使っているところがあります。ニードル脱毛は、痛みと施術時間さえ少なければ、素晴らしい永久脱毛方法です。

ニードル脱毛のメリット

以前は永久脱毛の方法として主流を占めていたニードル脱毛は、施術時間がとても長くかかることで知られる脱毛方法です。なぜなら、電気針をムダ毛一つ一つの毛穴に差し込んで、脱毛施術を行っていかなくてはなりませんから、とても手間と時間がかかるものだったのです。

以前はこのニードル脱毛しか永久脱毛の方法はなかったのですが、現在は機器の発達により、エステサロンではフラッシュ脱毛機、美容クリニックでは医療レーザーが使われるようになっています。

フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の登場により、ニードル脱毛という施術方法はあまり聞かなくなりましたが、それでも現在一部のところでは扱っているところがあります。

ニードル脱毛は時間がかかる脱毛施術で、とにかく施術時間が長いというのが特徴ですが、メリットもあるんですよ。色素の薄いうぶ毛や医療レーザーが照射できない部分では高い効果を発揮してくれます。

医療レーザーは黒い色素に反応するように作られているため、色素の薄すぎるうぶ毛やまた逆に色素の濃すぎる日焼けやシミなどには照射できないのです。黒い色素が集まっている箇所に医療レーザーを照射すると、やけどをしてしまう可能性があるからです。

ニードル脱毛は一つ一つの毛穴に電気針を差し込んで施術していきますので、色素は全く関係のない脱毛方法です。ですから、シミのうえから生えているようなムダ毛も、しっかりと脱毛することができるのです。

ニードル脱毛ならほくろに生えた毛も永久脱毛できる

ニードル脱毛も永久脱毛施術の一つですが、近年はあまり見かけなくなってきています。しかしそれでも、医療レーザーが照射しにくい箇所や、うぶ毛などには高い脱毛効果を出しますので、今もニードル脱毛を使って施術しているところがあります。医療レーザーを照射して、照射しきれなかった細かいところをニードル脱毛で脱毛していくというかんじで、併用して使うところが多いです。

医療レーザー脱毛の脱毛方法は、医療レーザーをムダ毛に照射して、ムダ毛の毛根部分のムダ毛再生組織をしっかりと破壊していくことです。これを繰り返すことで、ムダ毛がスルっと抜け落ちていくわけです。医療レーザーは、黒い色素のメラニン部分に反応するように作られているため、どうしても、ほくろや黒いアザやシミがあるようなところには使えません。ここに医療レーザーを照射してしまうと、黒い色素が密集している部分なのでやけどを負わせる可能性があるからです。黒い色素が集まる部分には、医療レーザーを当てることは控えなければならないのです。

このような時に、ニードル脱毛方法が活躍します。ニードル脱毛は、皮膚の毛穴に電気針を差し込んでムダ毛の毛根部分を破壊していきますから、黒いメラニン色素などは関係ないのです。色素が薄かろうが濃かろうが、電気針さえ、差すことができれば脱毛か可能なのです。

このように、医療レーザーでも脱毛しきれないような、ほくろの上にあるムダ毛も、ニードル脱毛ならしっかりと脱毛することができます。


ミュゼ 脇脱毛 780円